//バリューコマースのLinkSwitchコード

マルタ語学留学生初の休日.ビーチで泳いで海辺の激安イタリアンへ!

この記事を書いた人
sasha

自由人な夫に振り回されている・・・ようで、年齢差を活かし、いろんな面でだだ頼りしてます。実はおいしいところをもらっているマイペース妻。わかっていないのに「うんうん」と相槌を打つ癖あり(←英語習得の妨げ)。格闘技好き。

sashaをフォローする
マルタ観光・体験談
スポンサーリンク

マルタに来て最初の一週間が終わりました~!

ここまでの感想は。。。

正直、

とっても、いい!

毎日、心地いい充実感でいっぱい。

おいしいものでお腹もいっぱい。

出会う人たちがすてきで、胸もいっぱい。

もう一週間経っちゃったんだーって思うくらいです。

.

強いて文句を言うなれば、

暑い。すんごい暑い。

これだけ。

日差しが本気で痛い。

しかも日がめっちゃ長くて。

日の出は6:30、日の入りは20:00くらいなんです。

活動時間が長くなるのはなんかうきうきするけど、

暑くない時間帯が短すぎるよー・・・。

移動費をケチって歩き回る我々には、なかなかキツイ。

.

でも今日は初の休日。

暑さに負けず、しっかりお出かけしてきましたよー!

お金のかからないマルタでの休日の過ごし方、うん!全然悪くないです。

ってことで、支出の報告もかねて今日のダイジェストをお送りしまーす。

スポンサーリンク

バスでサンジュリアンのビーチへ

€2で二時間乗り放題!

お得!

・・・と噂のバス。

しかしよく考えてみてください。

二時間なんて、あっという間ですから。

バスで行きに30分かかるとして、

買い物したり遊んだりしてれば、2時間3時間普通に過ぎます。

1時間半でその日の用事をすべて済ませ、

帰りのバスに乗ることなんて、なかなかできません。

毎日€2×2人×往復で2回も使ってれば、

今のレートだと月3万円以上かかっちゃうんです。

おっきくないですか?この額!?

.

バリに一度住んでしまったのが災いして、

お得だと言われるこのバスや、タクシーアプリのBoltまでも安く思えないケチ体質になってしまったことが非常に残念だけど、もうしかたない。

だからバスやタクシーは普段使いしないと、私たち決めてるんです。

・・・無職だし。

たぶん一回乗っちゃったら後に戻れない。

でも今日は特別。

初めての休日、お出かけDayなので、2時間を逆算するようなケチいことはせず、贅沢に使いました。

.

途中、聞いたこともない場所で乗り継ぎします。

もはや思い出せない。

Googleマップさまさまです。

よい子の留学生のみなさんは、通信だけは確保しておくことをおすすめします。

SIMフリーのスマホにして、SIMを買いましょー。

.

私たちの降車場所に着く前、バスのドライバーさんが”Next stop~”のアナウンスを入れ忘れるというハプニングあり。

気付いた他のお客さんが慌ててアピールしてくれ、ラッキーなことにちゃんと降りられました。

この1週間で学んだことは、

総じてバスは運転荒め、運転手のサービス精神低めなので、

理解したうえで使おうってこと。

休日のサンジュリアンのビーチは人でいっぱい

降車場所がわからなくて行き過ぎちゃったりしつつ、

なんとかたどり着きました!

海!ビーチ!

おめでとうございます、ありがとうございます。

私たちが選んだのはここ、Fond Ghadir beach。

はいそうです、読み方はわかりません。

何でここを選んだかって言うと、答えは簡単、

影があるから。

これ重要です。

日本人の中でも皮膚の弱いことで有名な私たち。避けられる日光は避けます。

.

到着時間は16時ごろ。

寝そべってる人、本を読む人、おしゃべりを楽しむ人、もちろん泳ぐ人。

さすがヨーロッパのリゾート、楽しみ方が上品です。

バリのようにプラスチック椅子やウッドベッド、パラソルはありません。

まあ、これは岩場だからかな。

バリの売り子やマッサージのおばちゃん、凧揚げボーイたちを思い出して、

ノスタルジックな思いがちょっとだけよぎりました。

ビーチでシュノーケルしてみた

海水浴できるところには、こんな感じで手すりがあって海まで誘導してくれます。

海底をよく知ってる人は、お構いなしに飛び込んだりしちゃってるけど、

ビビりな私にそんなことできるはずなし。

しっかりと階段を踏みしめながら海にIN。

激暑の本日、午後15時ごろは、心地いい水温でした。

こんな感じで、透明度は高く、水質はとてもいいと思います。

シュノーケルしたところ、小さめの魚がたくさんいました。

岩場で熱帯ではないからか、色は地味め。

バリでカラフルな魚をいっぱい見ちゃってたから、

海の中をのぞき見る楽しみはあまり感じられなかったかなあ。。。

しかーし、カラフルな魚は味が淡泊なのがお決まり。

食べるとあんまりおいしくないので、

食のことを考えると、このおもしろくない魚が多いところの方がいいなって思います。

岩にウニがくっついていたり、岩場に向かって波が寄せてたりするので、

足を切らないよう、何か履くものがあれば履いてたほうがベターかな。

10分程度で満足した私に対し、旦那は30分ほどクロールして行ったり来たりし続けてました。尊敬。

待ってる間、岩場にタオルをしいて寝転がりたーいって思ったけど、、、

なんか岩と同じ色の、目の細かい粉?砂?みたいなのがタオルにいーっぱいつくのでやめ。

ビニールシート的なものがあるといいかも。

泳いでお腹が減ったので、海沿いのレストラン探し

お腹もすいたし、ちょっとWiFiを使って作業もしたかったので、

居座れるカフェを探します。

行くつもりでいたカフェが17時閉店で間に合わないことに気づき、

急遽他のお店を探します。

海沿いのお店なんて、高めの値段でコスパ悪いのがほとんどだ

・・・という勝手な偏見があるので、

慎重に探していたんですが、ここで問題が。

ダンナの動きがくねくね変なのです。

トイレです。トイレが近いというのです。

慌てて近くにあった

”€5からパスタあります!”

の表示があるレストランに、さほど期待せず駆け込みました。

お客さんも私たちを除くと一組しか入ってなかったし。

.

頻繁にBGMを変えて歌う、テンション高めな店員さんに、マルゲリータとカプチーノ2つを注文。

ほんとはホットチョコが欲しかったけど、チョコが足りないらしく、

おすすめされたカカオonカプチーノを頼みました。

カカオ(ココア)のふりかける位置、間違ってないか?

と思う、すてきな一杯がこちら。

そして€5のピザがこちら。

価格からして、もっとスナック的なものかと思ってたけど、

生地もしっかりしてたし、チーズの質もよかった(さすがヨーロッパ)です。

ピザ生地の裏側に、私たちの近くに座ってるカップルが注文した、もうちょい高めのピザに乗せてたのであろうベーコンまでつけてくれるというサービス精神(たぶんただくっついただけだけど)がすばらしい。

普通においしかったです。

語学学校の復習をしたり、SNSのお返事をしたりしながら長居しているうちに、

日が暮れ、お客さんが増えてきました。

1人1枚ピザを注文し、ワインも飲む大事なお客さんたちの邪魔になってはいけないと思い、

お金を使わない私たちの退散の時がついにきました。

ってことでチェックをしてもらいましたが、

お会計なんと、

€10。

メニューになくていくらなのかわからなかった、カカオがonしてるカプチーノは2つで€5でした。

ここ、普通におススメです。

ロケーションが良くてちゃんとおいしかったし、お手頃価格。

スタッフの方たちの対応もいい感じ。

今日のまとめ

  • ・夏のマルタでビーチに行きたいなら日陰があるところを探すべし。
  • ・マルタで外食しても安くおいしく済ませることはできる。
  • ・英語学習は復習が大事。

こんなところかな。

今日使ったお金は、

  • バス代: €8
  • 飲食費: レストラン€10, お金を崩すためのアイスとビール €3.9

合計 €21.9でした。

.

1週間語学学校に通ってみて、英語の上達は・・・

正直あんまり実感なしです。

でも旦那を見てると、どんどん吸収していってる感じがあって、

モチベーションの問題も感じてます・・・!

せっかくだから私もしっかりしなきゃ、、ってことで、旦那が復習を始めたのに加わってみたら、

勉強したはずなのに定着してないことがいっぱいあって、

ああ復習せねば・・・って痛感。

でも、毎日英語に触れられる英語圏で、

こんなに過ごしやすい、すてきなリゾートってほんとに魅力的です。

使う機会があるって大事。

そしてその機会を逃さないモチベーションがもっと大事。

程よく楽しみつつがんばれるマルタ留学、今のところ心からおすすめできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました