//バリューコマースのLinkSwitchコード

マルタのコロナと現状【2020年10月最新】第二波が来てるってホント?

この記事を書いた人
sasha

自由人な夫に振り回されている・・・ようで、年齢差を活かし、いろんな面でだだ頼りしてます。実はおいしいところをもらっているマイペース妻。わかっていないのに「うんうん」と相槌を打つ癖あり(←英語習得の妨げ)。格闘技好き。

sashaをフォローする
sashaのブログ
スポンサーリンク

秋ですね――。

温暖なマルタにいても、

思ったよりしっかり、秋の訪れを感じています。

ほら、だってスーパーにこんなものがあったりするから。

東南アジアじゃ季節感のない日々で、

日付がわからなくなるどころか、

「あれ?今何月だっけ?」

が普通に起こり得たので、

新鮮な気持ちで、今、涼しい空気を満喫しています。

 

さて。

10月に入って、私の体感だと、マルタの日本人率、

増えております。

有名な大規模語学学校に行くと、

クラスによっては7割が日本人だっていうこともあるんだとか。

 

いろいろと情報も集まりやすくなってきたので、

マルタの今の現状について、お伝えしようと思います。

 

今みなさんが気になることといえば、

やっぱりコロナのこと。

今回はこれに絞った話を私の知りうる範囲でしていきます。

スポンサーリンク

マルタとコロナ

7月から変わらず、マルタは依然、外国人の受け入れを続けています

入国後の隔離もなし

観光客や語学学校の学生を入れてできる限りの経済を回しつつ、

コロナの流行を最小限にとどめる作戦を継続しています。

最近のマルタのコロナ感染者変動

そんなマルタのコロナ感染者数の変動がこちら。

ありゃりゃ・・・?

 

外国人受け入れを始めた7月の後半から見てみると、

三つ目の波の途中・・・のようにも見えます。

マルタと周辺諸国のコロナ感染について

普段からマルタとの行き来も多い、ヨーロッパでの感染が増えている

と最近話題になっています。

表でチェックしてみましょう。

感染者数の合計数順
場所
感染者の合計数
新しい感染者数(1 日*)
新規感染者数(過去 60 日間)
人口 100 万人あたりの感染者数
死亡者数

全世界
37,267,921 350,766 60 日間の推移グラフ 4,793 1,073,780

アメリカ合衆国
7,748,030 51,037 60 日間の推移グラフ 23,510 214,184

インド
7,053,806 74,383 60 日間の推移グラフ 5,185 108,334

ブラジル
5,055,888 0 60 日間の推移グラフ 23,923 149,639

ロシア
1,278,245 12,673 60 日間の推移グラフ 8,711 22,331

コロンビア
902,747 8,447 60 日間の推移グラフ 18,276 27,660

アルゼンチン
883,882 12,414 60 日間の推移グラフ 19,669 23,581

スペイン
861,112 0 60 日間の推移グラフ 18,282 32,929

ペルー
846,088 7,474 60 日間の推移グラフ 26,332 33,223

メキシコ
814,328 4,308 60 日間の推移グラフ 6,433 83,642

フランス
702,148 0 60 日間の推移グラフ 10,468 32,356

南アフリカ
690,896 2,544 60 日間の推移グラフ 11,755 17,673

イギリス
590,844 15,165 60 日間の推移グラフ 8,893 42,760

イラン
496,253 3,875 60 日間の推移グラフ 5,955 28,293

チリ
479,595 1,826 60 日間の推移グラフ 25,100 13,272

イラク
400,124 2,344 60 日間の推移グラフ 10,226 9,790

バングラデシュ
377,073 1,203 60 日間の推移グラフ 2,240 5,500

イタリア
349,494 5,724 60 日間の推移グラフ 5,801 36,140

サウジアラビア
338,944 405 60 日間の推移グラフ 9,905 5,018

フィリピン
336,926 2,156 60 日間の推移グラフ 3,106 6,238

トルコ
334,031 1,649 60 日間の推移グラフ 4,017 8,778

インドネシア
328,952 4,294 60 日間の推移グラフ 1,232 11,765

ドイツ
323,463 2,968 60 日間の推移グラフ 3,890 9,620

パキスタン
318,932 666 60 日間の推移グラフ 1,455 6,570

イスラエル
289,875 2,017 60 日間の推移グラフ 31,577 1,941

ウクライナ
263,105 5,901 60 日間の推移グラフ 6,282 5,010

カナダ
180,179 2,062 60 日間の推移グラフ 4,744 9,608

オランダ
168,280 6,499 60 日間の推移グラフ 9,643 6,567

ベルギー
156,931 7,950 60 日間の推移グラフ 13,617 10,175

ルーマニア
152,403 3,517 60 日間の推移グラフ 7,854 5,358

モロッコ
149,841 3,443 60 日間の推移グラフ 4,179 2,572

エクアドル
146,828 980 60 日間の推移グラフ 8,411 12,188

ボリビア
138,463 237 60 日間の推移グラフ 12,072 8,292

カタール
127,778 178 60 日間の推移グラフ 46,511 219

ポーランド
121,638 5,300 60 日間の推移グラフ 3,169 2,972

パナマ
119,666 825 60 日間の推移グラフ 28,365 2,482

ドミニカ共和国
118,014 557 60 日間の推移グラフ 11,393 2,167

チェコ
114,005 4,631 60 日間の推移グラフ 10,661 948

クウェート
110,568 492 60 日間の推移グラフ 25,015 655

カザフスタン
108,757 94 60 日間の推移グラフ 5,824 1,746

ネパール
105,684 5,008 60 日間の推移グラフ 3,523 614

アラブ首長国連邦
105,133 1,129 60 日間の推移グラフ 10,630 443

エジプト
104,387 125 60 日間の推移グラフ 1,042 6,040

オマーン
104,129 0 60 日間の推移グラフ 22,322 1,009

スウェーデン
98,451 0 60 日間の推移グラフ 9,527 5,894

グアテマラ
97,544 609 60 日間の推移グラフ 5,875 3,365

中国大陸
91,252 21 60 日間の推移グラフ 65 データなし

日本
88,962 695 60 日間の推移グラフ 706 1,626

感染者の合計数順の表になっていますが、

一番着目すべきは新規感染者数

※スペインやフランスなど、計測できていないところが一部あるようです。

グラフを見ると一番わかりやすいのですが、

黄色いアンダーラインをひいているか所、

ヨーロッパ数か国が増加中だというのが見て取れます。

スペインやフランスは10月に入って、

新規感染者数が1万を超える日もあるんですって。

コロナが流行りだして最初のピーク、ロックダウンしていた時以上の数をたたき出す日もあるっていうから、まあまあ深刻かも・・・。

スペインの首都、マドリードは10月2日から残念なことにロックダウンしちゃってます。

 

このヨーロッパでの感染拡大、

夏のホリデーシーズンの影響で広がっているとか、

各地で抗議デモが行われているからだとか・・・

色々と言われていますが、

まあ人の往来が増えたからかなーとは思います。

 

ただ、

「だから危険!」

とか、

「来ちゃだめ!!」

だというつもりは全くありませんし、

そんなこと言える立場じゃありません。

 

でも、

感染する可能性がある

っていうのはもちろんのこと、

フライトが無くなるかも

とか、

学校に通えなくなるかも

とか、、、

色んなリスクがまだがっつりあるよってことを覚えといてください。

スポンサーリンク

マルタの語学学校の動き

私が聞いている中では、

ここ最近、学校が閉鎖されたところやオンラインに切り替えたところなどは

ぎりぎりありません。

 

ぎりぎりってのがどういうことかというと、

コロナ疑いで病院に検査に行った語学学校の学生が

私の耳に入っている中でもここ数日でたくさんいるので、

もしかすると、学校によっては何か対応をしているところがあるかもしれないし、

これから出てくるかもしれません。

↑こんな話、ちょこちょこ聞くんですよね・・・。

マルタで体調不良を感じたらどうする?

とりあえずは滞在先で安静にしてましょう。

季節の変わり目なので、

コロナではない風邪?みたいなのも流行ってます。

 

海外生活、思っている以上に体力も精神力も使ってるので、

無理は決してしないように。

 

高熱が出ていたり、体調不良が続いて病院にかかったほうが・・・と思ったら、

学校に電話してその旨を伝えてください。

学校ごとに提携の病院があって、そこを紹介してくれるはずです。

病院の名前がわかったら、病院にかかる前に、

保険会社に電話することを忘れないで。

 

症状、かかりたい病院などを伝えて、

保険でお金がおりるかどうかと、

手続きのために必要な書類が何かを聞いておいてください(診断書かな)。

上手くいけばキャッシュレスで受診することができます。

 

海外での病院、突然結構な英語力が試される機会になると思いますが、

伝えるべきことだけちゃんと伝えれば、あとは流れに乗るだけ。

とりあえず必要だと思う単語だけは調べておくなりして、

準備しておけば大丈夫。

診断書や学校に提出する欠席証明書が必要だっていうのも忘れずに伝えましょう。

 

受診が住んだら、あとは学校の指示に従うしかありません。

たぶん、最短でも陰性結果が出るまでは自宅待機になるかな。

スポンサーリンク

マルタでのレジャー・外出などの制限

交通機関や建物内以外はマスク着用が義務付けられていないマルタ、

「ちょっとゆるめかな?」

「なんだ、あんまり深刻じゃなさそう!」

なんて、来た当初は思ってましたが、

がちっと制限されてるところだってありますし、

ああコロナめーと思う変化や出来事だってあります。

レストランやカフェ

細々とでもやっているところが多かった8・9月。

10月に入って、

えっ!ここ閉店なの・・・!

っていうお店が出てきたのがショックです。

ずっと行きたいと思ってグーグルマップにピンをうっていたマルタ料理レストランのTa’ Kolina、

8月に行って以来、

ここ以上に安いマルゲリータに出会ったことのないイタリアンのDa Antonio、

こんなにいい立地だし、どちらもそれなりに人気店だろうに・・・

閉まっちゃってました。

こんな感じで、選択肢は狭まっているかもしれません。

 

コロナの影響で、お店のキャパによって座席数が決められていて、

だいたいのお店が収容人数少な目になっているのですが、

そのせいで入店できない・・・ってことは今のところなかったです。

マルタでも飲食業界は大打撃なんでしょうね・・・。

 

ちなみに、レストランでは着席時は要りませんが、

入店時や席を立つ間はマスクの着用が義務付けられています。

マスクしてなかったら罰金€100ルール、ここでも有効なのでご注意を。

入店制限

小さな薬局、本屋、文具店、カフェなど、

狭いお店は特に、収容人数が少ないことが多いです。

 

コンタクトレンズの洗浄液を買うのに家の近くのpharmacyに行きましたが、

店員さん1人に対し客は1人までしか入れないらしく、

「許可されるまでドアの外で待つように」

と張り紙があったのですが・・・

いやあ、20分ほど待ちました。

集団の人数制限

外出したり、食事したりするときに、

最大人数が10人までと決められています。

この記事

で書いたEnglishカフェ、とっても人気ですが、

ひとテーブルに10人以上が集まってはいけないので、

テーブル移動する際は人数を数えて上手いこと動かないといけません。

ちょっとやっかい。

 

それから、

kujiraさんはサッカー(フットサルよりちょっと大きいくらいのコート)をしてますが、

ここでもピッチに立てる人数が10人までと制限されています。

先日、

「これ破ったら罰金€3000かかるんだよーよろしくね。」

ってサッカー場の管理人さんに言われて、絶対守ると誓いました。

現金払い不可

たまにあります。

紙幣やコインの受け渡しからの感染を避けるため・・・でしょうね。

カード払いができるのならいいのですが、

そうじゃなくて困ったことが。

バスです。

 

当時まだtallinjaカードを持っていなかったので、

€2で2時間乗り放題という、あれを使おうと乗り込んだんですが、

所持金で一番小さいお金が€10札しかなくって。

「すみませ~ん」

と渡したのですが、

「お釣りは返せない。コロナだから。」

と言われて大変。

バスの中で両替できる人がいないか聞いてみましたが、

みんな「ない」の一点張り・・・。

なんかみんなすんごい嫌そうな顔するから、心折れました。

結局、泣く泣く二人分€4のところを€10支払うことに・・・(泣)

 

でも、私たちからの現金を手渡ししてるんだから、

もし私たちがウイルス持ってたらあなたうつるんじゃ・・・?

あなたからのウイルスは気にしないんで、返してもらえませんかね・・・?

と、疑問と不満でいっぱいでしたが。

もうしゃーないですね。

まとめ

ヨーロッパ全体で感染者数が急上昇中
マルタでも感染者は数字と伝聞とがある程度一致して増えてるかもという感じ
こんな時期でもそうでなくても、語学留学は自己責任。どんなことがあっても自分で責任をとるっていう覚悟があるなら、留学、いいと思う。

今週は、ちょっと体調を整えるためにセーブしようと思い、

家にこもり気味の一週間でした。

 

そしてお笑いの動画を見て気づきました。

 

ぺこぱ って、めちゃおもしろいですね!!!

 

・・・え?遅い?

マルタまで情報きてなかったんですもん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました